速報!!気になる噂の芸能ニュース

モデル・グラビアアイドル・歌手・タレント・俳優・女優・お笑い芸人の気になる、おもしろ、仰天、珍事、おどろき、裏話、スキャンダルニュース。 気になるトレンディードラマの裏側、2chまとめブログ

    カテゴリ: 海外ニュース・ゴシップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.8663726 2020/07/15 08:47
    韓国「辛ラーメン」 米国で売上急増…今年上半期は過去最高
    韓国「辛ラーメン」 米国で売上急増…今年上半期は過去最高
    韓国食品企業の農心が13日、今年上半期の米国法人の売上高が前年同期比35%増の1億6400万ドル(推定値)で過去最高になった、と明らかにした。

    米国市場での売上高に最も寄与したのは「辛ラーメン」。

    米国市場で辛ラーメンの上半期の売上高は25%増の約4800万ドルと、独歩的な存在感を見せた。

    農心は最近、米国国内で「ホームクック」トレンドが強まり、味と品質が優秀な辛ラーメンブラックの人気がさらに高まると期待している。

    実際、米国大手流通企業クローガーの購買担当者は「農心ラーメンは間食(Snack)から食事(Meal)へと認識が変わっていて、購入する消費者が増えた」とし「特に家庭で調理する『ホームクック』トレンドで辛ラーメンにチーズを入れて食べるなど、インスタントラーメンをさまざまな形で楽しむ姿が米国人の間で見られる」と話した。

    こうした現象を受け、ウォルマート、コストコ、クローガー、サムズクラブなど大手流通企業を中心にインスタントラーメンの販売が急増した。

    上半期の売上高はウォルマートが35%増、コストコが51%増、アマゾンが79%増。

    農心は「2017年にウォルマート米国全店舗に辛ラーメンを供給したのを始め、数年間にわたりメインストリーム市場に流通網をきめ細かく構築してきた」とし「農心ラーメンは米国全域で販売される数少ない外国食品ブランド」と説明した。

    ニューヨークタイムズの製品レビューサイト「ワイヤーカッター」に掲載された「ザ・ベストインスタントヌードルズ」記事で、辛ラーメンブラックは日本のラーメンを抑えて世界ベスト11インスタントラーメンで1位になった。

    昨年、LAタイムズも辛ラーメンブラックを世界インスタントラーメンランキングの上位圏に選定している。



    【日時】2020年07月13日 14:58
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】





    #74 [匿名さん] :2020/07/15 09:24

    >>0
    乾燥蛆虫が混入していた
    韓国ラーメンを喜ぶアメリカ人wwwww


    #86 [匿名さん] :2020/07/15 09:26

    >>0
    安いから売れただけの事


    #99 [匿名さん] :2020/07/15 09:29

    >>0
    いつもの捏造記事ですかw
    大腸菌入りだと知ったらアメリカ兄さんどんな反応だろうねw


    #4 [匿名さん] :2020/07/15 08:50

    日本、負けっぱなしだなw


    #6 [匿名さん] :2020/07/15 08:51

    >>4
    どこが?


    #10 [匿名さん] :2020/07/15 08:54

    >>6
    あらゆる面でだよw


    #18 [匿名さん] :2020/07/15 09:00

    >>4
    いや、日本のペヤング獄激辛やきそば の方が辛さではダントツ勝ってる


    #8 [匿名さん] :2020/07/15 08:53

    アメリカ人は味覚*だからw


    #14 [匿名さん] :2020/07/15 08:58

    >>8
    そのアメリカから来たマックやケンタを喜ぶ日本人


    #60 [匿名さん] :2020/07/15 09:20

    >>14
    昔ハンバーガー60円くらいの時に食ったことかある
    無理にも食おうとは思わない味だ


    #11 [匿名さん] :2020/07/15 08:56

    誰か
    辛ラーメンの素晴らしいとこ、どうやったら美味しくなるのか、教えてくれ


    #21 [匿名さん] :2020/07/15 09:02

    >>11
    ミシュランが5つ星献上したら行列作るのが日本人


    #28 [匿名さん] :2020/07/15 09:06

    >>21
    三つ星までしか無いんだけど


    #19 [匿名さん] :2020/07/15 09:00

    コムタンラーメンは悔しいけど美味い


    #23 [匿名さん] :2020/07/15 09:02

    >>19
    買ってみます


    #25 [匿名さん] :2020/07/15 09:04

    辛は辛さがストレート過ぎて好みに合わん


    #32 [匿名さん] :2020/07/15 09:09

    >>25
    旨味は無いからな


    #48 [匿名さん] :2020/07/15 09:17

    食べ物までは批判しない


    #58 [匿名さん] :2020/07/15 09:20

    >>48
    それが正解
    韓国人の中にも日本を純粋に好きな奴もいる
    そんな奴まで批判してはいけないのも事実
    韓国政府とヘイトスピーチする韓国人だけ叩けばいい話だから


    #52 [匿名さん] :2020/07/15 09:18

    辛ラーメンは危険です。発ガン性物質や大腸菌などが大量に入ってます。


    #61 [匿名さん] :2020/07/15 09:20

    >>52
    訴えられるよ その辺のケジメは付けなければ


    #53 [匿名さん] :2020/07/15 09:19

    韓国海苔危険


    #62 [匿名さん] :2020/07/15 09:20

    >>53
    国内のも食い過ぎるとヤバいらしいがな。


    #68 [匿名さん] :2020/07/15 09:22

    本場のラーメンだから日本のラーメンよりはるかに美味しい。


    #79 [匿名さん] :2020/07/15 09:25

    >>68
    いやマジでまずい


    #72 [匿名さん] :2020/07/15 09:22

    香港での出前一丁の人気


    #77 [匿名さん] :2020/07/15 09:24

    >>72
    いいじゃん
    買う人は日本が好きなんだから


    #73 [匿名さん] :2020/07/15 09:22

    反中とか言いながら中華料理を旨い旨い言うて食ってる*な日本人もいるんだから(笑)
    同じ日本人として*げた話で笑えるわ


    #84 [匿名さん] :2020/07/15 09:26

    >>73
    文化に逆らうな 中華も韓国料理もフランス料理もちもちイタリア料理も 他にも有るけど 東京には食べられない料理が無いとかまだ言われてる 実際には違うが
    食べ物まで批判して良い事は無い


    #96 [匿名さん] :2020/07/15 09:28

    >>84
    お前*か?


    #80 [匿名さん] :2020/07/15 09:25

    これ本当に美味しいよ。


    #85 [匿名さん] :2020/07/15 09:26

    >>80
    夏場は苦しい
    エアコンガンガンなら旨いが
    汗が出るだろ


    #95 [匿名さん] :2020/07/15 09:28

    >>85
    そんなの自由にやれば良いことでは?


    #81 [匿名さん] :2020/07/15 09:25

    全ての韓国人にヘイトスピーチする奴は4ねよ


    #89 [匿名さん] :2020/07/15 09:27

    >>81
    俺もそう思う 
    好きなものを食べられる幸せを分かってない
    食べたくても食べられない人が世界中に居るのに


    #88 [匿名さん] :2020/07/15 09:27

    ラーメン発祥の韓国のだからうまいだろね。


    #93 [匿名さん] :2020/07/15 09:28

    >>88
    言ってて虚しくならない?




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.8659089 2020/07/13 15:45
    中国発の動画アプリ「TikTok」が香港から撤退
    中国発の動画アプリ「TikTok」が香港から撤退
    中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が11日までに香港から撤退した。

    米ブルームバーグ通信が報じた。

    先月末に香港国家安全維持法(国安法)が施行されたことを受け、香港で当局から捜査協力を求められることを避ける狙いとみられる。

    ティックトックをめぐっては、米国などで排除の動きが出るなど逆風が吹いている。

    ティックトックは、中国に本部を置く北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営。

    香港紙の明報(電子版)によると、同社は「香港で起きた出来事に対応する」ため撤退の方針を表明していた。

    国安法違反容疑の捜査に関する実施細則では、インターネット事業者に対し、国家の安全に危害を加える情報の削除やアクセス制限などを要求できると明記した。

    中国企業のバイトダンスが要請を拒むのは難しいとみられるが、応じれば世界で批判される。

    それを避けるため香港撤退を自ら選んだと指摘される。

    同社は、2016年に中国でアプリ「抖音(ドウイン)」の提供を始めた。

    ティックトックはその海外版だ。

    米調査会社センサータワーによると、今年1〜6月にダウンロードされたアプリの世界ランキングでは国内・海外版の計6億2600万回で首位だった。

    両アプリはそれぞれ別個に展開しており、サービス内容は異なる。



    【日時】2020年07月11日 17:40
    【ソース】産経新聞





    #13 [匿名さん] :2020/07/13 19:37

    (´∀`*)ウフフ


    #15 [匿名さん] :2020/07/13 20:31

    >>13
    チョン顔の薄気味悪い男


    #14 [匿名さん] :2020/07/13 19:52

    ギャラクシー買ったら最初から入ってたよ!


    #16 [匿名さん] :2020/07/13 22:02

    >>14
    国際電話使わず中国直通の携帯電話ね


    #23 [匿名さん] :2020/07/14 15:16

    TikTokは中国なのか ヤバイな もう使わない


    #25 [匿名さん] :2020/07/15 05:34

    >>23
    だな




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も - 国際ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.8650525 2020/07/10 18:31
    中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も
    中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も
    新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)や、香港への「国家安全維持法(国安法)」施行などめぐり、自由主義国と中国の緊張が高まるなか、英国メディアが「中国の政財官界工作」や「武漢研究所の闇」に迫る報道を連発している。

    香港の旧宗主国である英国は、国安法が中英共同宣言(1984年締結)への「明白かつ重大な違反」と判断し、報復準備を進めているという。

    都内中心に新型コロナウイルスの新規感染者が急増している日本では「親中派」が跋扈(ばっこ)しているが、英国にはまだ、「自由で高潔な国家」としての誇りがあるようだ。

    最近、『習近平が隠蔽したコロナの正体』(ワック)を出版したノンフィクション作家、河添恵子氏が緊急寄稿第19弾で迫った。

    「中国が試みる英国人エリートの取り込み」

    こんなタイトルのリポート(86ページ)の存在が、一部の国会議員やメディア関係者の間で注目されている。

    執筆者は、かつて英対外諜報機関(MI6)に所属したクリストファー・スティール氏と、共同で情報コンサルタント会社「オービス」を設立した、元外交官のアーサー・スネル氏という。

    スティール氏は、ドナルド・トランプ米大統領の「ロシア・ゲート」事件のきっかけとなるリポートを執筆した、いわく付きの人物でもある。

    今回のリポートの全容は明らかになっていないが、英紙デーリー・メールは一部を入手して7日、以下のように報じた。

    「中国共産党は、政治家、学者、その他のエリートを『使えるバカ』、もしくは『専属エージェント』にすることを目標にしている」同紙では、英国人5人(貴族や政府職員ら)が名指しされ、国会議員や元国会議員、貴族、企業経営者、学者、メディア関係者を含む、トップエリートによる謎めいた「48グループクラブ」もやり玉に挙がった。



    【日時】2020年07月10日
    【ソース】ZAKZAK
    【関連掲示板】








    #13 [匿名さん] :2020/07/10 20:00

    >>0
    河童かと思ったら豚かよ


    #17 [匿名さん] :2020/07/10 22:47

    おいおい、カザフスタンでコロナじゃない
    未知の肺炎が大流行中だってよ。
    短期間に1700人も*どるらしいぞ!!!
    ヤベーだろコレ!


    #18 [匿名さん] :2020/07/10 23:21

    >>17
    キルギスでも発生中のようだが、どちらもまだ実態がよく分かってないようだ


    #20 [匿名さん] :2020/07/11 00:51

    >>17
    インドの小僧預言者と、ヴァヴァヴァンガが予言してたのはそれかもな。


    #24 [匿名さん] :2020/07/11 01:17

    >>17
    しかもコロナウイルスの菌よりも強いって言ってる。


    #25 [匿名さん] :2020/07/11 01:20

    >>17
    中国人の入国拒否は必要だな。


    #26 [匿名さん] :2020/07/11 01:24

    >>20
    ラディンの呪い


    #31 [匿名さん] :2020/07/11 04:25

    中国共産党のやり方は悪魔の手先みたいだな。


    #36 [匿名さん] :2020/07/11 06:55

    >>31
    武漢ウィルステロリスト*醜菌弊🎵


    #32 [匿名さん] :2020/07/11 04:52

    クソ菌ペー願わくば物乞いジジイにシットホールごと食われて欲しい無理か…(笑)

    初期の金庸映画なら充分に有り得る展開なのに(笑)


    #33 [匿名さん] :2020/07/11 05:54

    >>32
    笑い事ではないよ?


    #37 [匿名さん] :2020/07/11 07:16

    中国の世界制覇が加速


    #40 [匿名さん] :2020/07/11 07:37

    >>37
    願望か?


    #41 [匿名さん] :2020/07/11 07:40

    裏切りのムンムン闇夢中(笑)


    #56 [匿名さん] :2020/07/11 19:43

    >>41
    浮きまくってるキモイお前、中国人?韓国人?
    日本人になりすまはして悪さばかりする特亜ネトウヨ*


    #43 [匿名さん] :2020/07/11 11:04

    親中なんて二階くらい


    #44 [匿名さん] :2020/07/11 11:07

    >>43 その二階堂が権力を使うからな…二階堂を抹*ないと日本は終わる


    #45 [匿名さん] :2020/07/11 11:08

    それでも我々安倍一味は

    習近平国家主席をなんとしてでも

    国賓としてお迎えしたい訳であります!!

    習近平主席マンセ〜〜〜〜


    #46 [匿名さん] :2020/07/11 13:01

    >>45
    悲しい時〜


    #52 [匿名さん] :2020/07/11 18:15

    早く三峡ダム決壊しろ!


    #53 [匿名さん] :2020/07/11 18:18

    >>52
    うむ。

    でもさ、支那の人工考えると決壊したところで、そんなに*ないんだよなぁ〜。


    #67 [匿名さん] :2020/07/13 20:47

    もっと言うと、最初にウィルスが広がったのは中国人が旅行でよく行くような所なんだよな。
    日本がいい例で首都圏で広がるのは分かるとして、北海道が初期に感染者を増やしていた。
    言わずもがな、北海道は中国人にも人気の旅行地なんだよな。
    岩手県の人に聞いてみたいけど、住み着いてる中国人は除いて中国人旅行者なんて良く見かけるかい?


    #70 [匿名さん] :2020/07/13 22:22

    >>67
    騒動前の1月まで盛岡のすたみな太郎に大型観光バスで大挙して支那人が押し寄せてるぞ。






      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.8650525 2020/07/10 18:31
    中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も
    中国、8年前の“コロナ死”隠蔽か 英メディアが「武漢研究所の闇」に迫る報道連発 香港「国安法」に報復準備も
    新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)や、香港への「国家安全維持法(国安法)」施行などめぐり、自由主義国と中国の緊張が高まるなか、英国メディアが「中国の政財官界工作」や「武漢研究所の闇」に迫る報道を連発している。

    香港の旧宗主国である英国は、国安法が中英共同宣言(1984年締結)への「明白かつ重大な違反」と判断し、報復準備を進めているという。

    都内中心に新型コロナウイルスの新規感染者が急増している日本では「親中派」が跋扈(ばっこ)しているが、英国にはまだ、「自由で高潔な国家」としての誇りがあるようだ。

    最近、『習近平が隠蔽したコロナの正体』(ワック)を出版したノンフィクション作家、河添恵子氏が緊急寄稿第19弾で迫った。

    「中国が試みる英国人エリートの取り込み」

    こんなタイトルのリポート(86ページ)の存在が、一部の国会議員やメディア関係者の間で注目されている。

    執筆者は、かつて英対外諜報機関(MI6)に所属したクリストファー・スティール氏と、共同で情報コンサルタント会社「オービス」を設立した、元外交官のアーサー・スネル氏という。

    スティール氏は、ドナルド・トランプ米大統領の「ロシア・ゲート」事件のきっかけとなるリポートを執筆した、いわく付きの人物でもある。

    今回のリポートの全容は明らかになっていないが、英紙デーリー・メールは一部を入手して7日、以下のように報じた。

    「中国共産党は、政治家、学者、その他のエリートを『使えるバカ』、もしくは『専属エージェント』にすることを目標にしている」同紙では、英国人5人(貴族や政府職員ら)が名指しされ、国会議員や元国会議員、貴族、企業経営者、学者、メディア関係者を含む、トップエリートによる謎めいた「48グループクラブ」もやり玉に挙がった。



    【日時】2020年07月10日
    【ソース】ZAKZAK
    【関連掲示板】





    #13 [匿名さん] :2020/07/10 20:00

    >>0
    河童かと思ったら豚かよ


    #17 [匿名さん] :2020/07/10 22:47

    おいおい、カザフスタンでコロナじゃない
    未知の肺炎が大流行中だってよ。
    短期間に1700人も*どるらしいぞ!!!
    ヤベーだろコレ!


    #18 [匿名さん] :2020/07/10 23:21

    >>17
    キルギスでも発生中のようだが、どちらもまだ実態がよく分かってないようだ


    #20 [匿名さん] :2020/07/11 00:51

    >>17
    インドの小僧預言者と、ヴァヴァヴァンガが予言してたのはそれかもな。


    #24 [匿名さん] :2020/07/11 01:17

    >>17
    しかもコロナウイルスの菌よりも強いって言ってる。


    #25 [匿名さん] :2020/07/11 01:20

    >>17
    中国人の入国拒否は必要だな。


    #26 [匿名さん] :2020/07/11 01:24

    >>20
    ラディンの呪い


    #32 [匿名さん] :2020/07/11 04:52

    クソ菌ペー願わくば物乞いジジイにシットホールごと食われて欲しい無理か…(笑)

    初期の金庸映画なら充分に有り得る展開なのに(笑)


    #33 [匿名さん] :2020/07/11 05:54

    >>32
    笑い事ではないよ?




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    NO.8648432 2020/07/10 08:33
    データも人材もファーウェイに流出? 倒産するまで盗み尽くされた大企業に見る、中国の“荒技”
    データも人材もファーウェイに流出? 倒産するまで盗み尽くされた大企業に見る、中国の“荒技”
    世界的な有名雑誌の一つに『Bloomberg Businessweek(ブルームバーグ・ビジネスウィーク)』というものがある。

    同誌は、クリエイティブなデザインと質の高い記事で人気が高い米国のビジネス誌である。

    筆者が留学していたマサチューセッツ工科大学(MIT)でも、同誌やニューヨーカー誌などを好んで読んでいる生徒が多かった。

    そんなビジネスウィーク誌が7月6日号で興味深い記事を掲載している。

    6ページにわたって、カナダの大手通信機器企業が中国政府系ハッカーらによって継続的にサイバー攻撃を受けたことで結果的に倒産に追い込まれた様子を記事にしている。

    これこそまさに、中国が世界中で行っているサイバー攻撃の実態を浮き彫りにしている。

    というのも、このケースは氷山の一角であり、同様の攻撃が世界中のどの企業に起きていても不思議ではない。

    もちろん日本企業にとっても決して対岸の火事ではなく、現在、または近い未来にも起きる可能性がある。

    最近、米中貿易戦争や新型コロナウイルス感染症などで欧米諸国との対立がますます鮮明になっている中国。

    中国政府系のサイバー攻撃については、筆者も拙著『サイバー戦争の今』などで繰り返し指摘してきたが、あらためて、今回のビジネスウィーク誌の記事をベースにその実態に迫ってみたい。

    そこには日本のビジネスパーソンが気に留めておくべき示唆に富んだ教訓がある。



    【日時】2020年07月9日 8:00
    【ソース】Yahoo!ニュース





    #1 [匿名さん] :2020/07/10 08:35

    中国なんてそもそもが盗人の国じゃねーか

    そんな国に進出した企業が悪い


    #3 [匿名さん] :2020/07/10 08:48

    >>1
    習○平になって露骨に出て来た‼️


    #7 [匿名さん] :2020/07/10 09:25

    中国というより中共だろ


    #8 [匿名さん] :2020/07/10 18:42

    >>7
    中共というより支那の方がしっくりくる




    このページのトップヘ