NO.8437524 2020/05/04 17:33
人け消えた街で白昼堂々暴行 女性が外出中に襲われるリスク増 仏
人け消えた街で白昼堂々暴行 女性が外出中に襲われるリスク増 仏
フランスでは、新型コロナウイルスの抑止策であるロックダウン(都市封鎖)によって街角から人けが消え、女性が外出すると、性的暴行やセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)の標的にされやすくなっている。

しかも、当局がロックダウンの緩和を目指す中、そうした脅威はさらに高まる可能性がある。

被害者が助けを呼べる可能性がないことを知っていて白昼堂々、女性を襲う加害者が増えているとフェミニスト団体は報告している。

人権活動家のファティマ・ベノマル(Fatima Benomar)さん(36)は、車や通行人の姿が消えてしまったパリ中心部のリボリ通り(Rue de Rivoli)で数人の若者に追い回されたと語った。

「彼らの冷やかしを無視していたら、近づいて来て私を侮辱し、脅迫し始めた」「信じられないほど怖かった」とベノマルさんはAFPに語った。「逃げ道がなかった。店はどこも閉まっていて、助けを求める相手もいなくて」

3月17日にロックダウンが実施されるまでは、パリ近郊の通勤路で不安を感じることはなかったと、看護師のロレーヌ・マルタン(Laurene Martin)さん(28)は言う。

だが、「ロックダウン2日目に、地下鉄で数人の男に襲われて携帯電話を盗まれた。私が叫ぶと彼らは逃げ出したけれど、今度は車内いた唯一の乗客だった男性が真横にやって来て、私に結婚しているかどうか尋ねてきた」

マルタンさんは、「(治安は)以前よりも確実に悪くなっている」と言う。

「標的にする相手も減っているが、目撃者も減っている」

警察は被害者や目撃者にどんな出来事でも通報するよう呼び掛けているが、ロックダウン中の暴行に関する公式の通報件数は明らかにしていない。

一方、検察当局は先週、パリのすぐ北に位置するセーヌサンドニ(Seine-Saint-Denis)で24時間のうちに2人の女性が公共の場でレイプに遭うという以前ならあまり考えられない事件を発表した。

1人は公園、もう1人は路上での被害だった。

■ロックダウン解除後も暴行が起きる危険性
4月30日にマルレーヌ・シアッパ(Marlene Schiappa)男女平等・差別対策担当相は、フランス国内の大半の地域で自宅待機令が解除される5月11日以降、「性暴力が増える現実的なリスク」を懸念していると述べた。

ロックダウンが解除されても、在宅勤務を続ける人は多く、人との接触を減らすソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)によっ..

【日時】2020年05月04日 14:06
【ソース】AFPBB News





#5 [匿名さん] :2020/05/04 17:36

やられたくて出た女だろ


#12 [匿名さん] :2020/05/04 18:44

>>5
それ、おまえの母親な。


#16 [匿名さん] :2020/05/04 19:09

またまたまた犯人は朝鮮人か?


#20 [匿名さん] :2020/05/04 20:35

>>16
何人ワラタことか🤣